転職活動にかかる費用はどれくらい?転職の悩み解決します! - 南野弘明の転職ノウハウ教えます!(たまに日記)

南野弘明の転職ノウハウ教えます!(たまに日記) ホーム »  » ★ 転職の悩み解決 » 転職活動にかかる費用はどれくらい?転職の悩み解決します!

転職活動にかかる費用はどれくらい?転職の悩み解決します!

こんにちは!南野弘明です。

転職にかかる費用と時間(スケージュール)についてご存知ですか?

交通費、食事、通信費、就活セットなど結構費用もかかりますし、在職者であればスケジュール調整が難し方も多いかと思います。転職にかかる費用と時間を把握し、転職活動に役立てていただければ幸いです。
【20代お勧め転職エージェント】
大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo
第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職
書類通過率87%以上。面接対策無料【ウズキャリ第二新卒】


【30~50代お勧め転職エージェント】
転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?
未経験からの転職ならWORKPORT
大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】




■ 転職準備費用



転職活動を始める際に、

転職活動にはお金がかかることを考えて行動している人

は、あまり多くはありません。

実は、在職中に転職活動を行いすぐに次の仕事が決まって移ることができるのであれば問題ありませんが、会社を辞めてから転職活動を行う場合は、

ある程度かかる費用のことを意識

して、貯金を始めたほうがいいでしょう。




■ 転職活動にかかる費用とは



転職活動は結構お金がかかるものです。

転職活動を続けていくうちに「あれ?意外と出費がかさむなー・・・」と気付く人が多いです。

転職活動にかかる費用を考えておかないと、場合によっては生活費に困り、転職活動どころではなくなってしまう可能性があるので注意が必要です。以下に、転職活動でお金が必要になる場合をご紹介します。

【転職活動でお金がかかること】
・交通費
・宿泊費(遠方の場合)
・移動先での食事
・時間調整のために入ったカフェの飲食代など
・スーツ、靴、バッグなど、面接時に必要となる身だしなみにかかるお金
・履歴書代、切手代
・転職や企業に関する情報を得るための書籍代など

この中でも、意外と大きな出費となるのが

交通費

です。応募する会社がそう遠くないとしても、採用試験の度に往復することを考えると、交通費はかさんでいきます。それが1社ではなく、何社も受けることになればなおさらです。

また、地方から都内への転職など、移動が遠距離になると、新幹線や高速バス、飛行機などの往復費用は高額になります。さらに、宿泊費なども加われば、莫大な出費になってしまいます。




■ 在職中は費用があまりかからない



在職中に転職活動をするなら貯金はあまり関係ありません。転職活動には様々な出費がありますが、在職中であれば貯金が少なくてもどうにかなります。資金面を考えた理想的な転職の仕方は、

現職で働きながら転職活動を行い、内定を決め、転職先に移るギリギリまで在職

を続けるということです。

■ 退職後の転職活動には貯金が必要



退職してから転職活動を行う場合は、在職中に比べ、転職活動に集中できて、慎重に転職先を選ぶことができるというメリットがあります。しかし、それは転職活動に備えて十分な貯金がある場合です。

十分な貯金がなければ、生活費のためにアルバイトをする必要が出てきてしまったり、生活に余裕のない焦りから希望する条件を妥協して、結果的に以前より悪条件の会社に転職してしまったりと、転職が思うようにいかなくなる可能性があります。

それでは、どの程度の金額が必要なのでしょうか。

①住民税、年金、健康保険の支払いがある

日々の生活費がかかるのは当然ですが、意外と忘れがちなのが住民税、国民年金、健康保険などです。会社員の場合は給料から天引きされていましたが、退職したら自分で支払うことになります。会社員のときはあまり意識していなかったかもしれませんが、いざ自分で支払うとなると意外と出費が大きいことに気付きます。

②雇用保険はすぐにはもらえないこともある

退職後は、失業保険(雇用保険)がもらえることを期待する人も多いと思います。しかし、自己都合での退社の場合、失業保険が給付されるのは3ヵ月後からなので、退職してから受給までのあいだは、貯金でやりくりしなければなりません。つまり、最低でも3ヵ月間は収入がなくても生活できるような貯金が必要となります。

そして、給付が始まったとしても、給付の期間には限りがあります。その期間内に次の仕事に就かないと、そこからさらに貯金を食いつぶしながらの生活になってしまうのです。

■ どれくらいの貯金があれば安心?



それでは、いったいどれだけの貯金があれば安心なのでしょうか。

平均的な転職活動の期間は3ヵ月

といわれていますが、転職活動がうまくいかずに長期化する可能性がないとは限りません。

そこで、1年間は収入がなくても生活できるだけの貯金

を蓄えておくことが望ましいでしょう。その金額は次のように計算できます。

退職後の転職における理想の貯金額=1年間の生活費+転職活動費-失業保険の給付額

失業保険が総額で60万円もらえるとすると、必要な貯金額は

198万円+43万円-60万円=181万円となります。

人により差はありますが、かなりの貯金が必要となります。それでは、生活費と転職活動費の内訳を見ていきましょう。

1:生活費(単身者の1か月の目安)

・家賃:50,000円
・光熱・通信費:20,000円
・食費:50,000円
・税金・保険費:20,000円
・その他雑貨・消耗品:15,000円
・交際費:10,000円
----------------------------------
月合計:165,000円
年方形:1,980,000円

2:転職活動費(離職者を想定)

・交通費:往復2,000円  ×5回/月
・宿泊費(遠方の場合):10,000 ×2回/年
・移動先での食事:1,000円 ×5回/月
・時間調整のために入ったカフェの飲食代など:500円 5回/月
・スーツ、靴、バッグなど、面接時に必要となる身だしなみにかかるお金:50,000円 1回/年
・履歴書代、切手代:1,000円 5回/月
・転職や企業に関する情報を得るための書籍代等:3,000円 1回/月
----------------------------------
年合計:430,000円

もちろん転職活動の期間が半年で済むなら、その分貯金額は少なくて済みます。つまり、一番の節約方法は、

転職活動を短期間で終わらせる

ということなのです。




■ まとめ



いかがでしたでしょうか?

金銭面で不安にならない為には「在職中に次の転職先を決めてしまう」ということがいかに大事かがわかると思います。しかしながら、離職しなければならないやむを得ない状況では、年間で180万円の貯金を確保してから辞める必要があることも理解していただけたかと思います。

金銭的な問題について参考にしていただければ幸いです。
関連記事
コメント
非公開コメント