転職2次面接対策/落ちる原因はこれだ!  - 南野弘明の転職ノウハウ教えます!(たまに日記)

南野弘明の転職ノウハウ教えます!(たまに日記) ホーム »  » 【必見】 面接+筆記試験対策 » 転職2次面接対策/落ちる原因はこれだ! 

転職2次面接対策/落ちる原因はこれだ! 

こんにちは!南野弘明です。
会社で仕事して、家に帰って記事を書く毎日ですがようやく慣れてきました!少しでも皆さんの力になれればと思い一生懸命頑張っているのでどうかよろしくお願いします。

さて、今日は魔の2次面接対策方法を説明していきます。

よくいるタイプで1次面接は通過するが2次面接で落ちてしまうタイプの方いませんか?そういった方はまだまだ十分な2次面接対策ができていないのでどうしても落ちてしまうのだと思います。そこをしっかり対策できれば後は最終面接の対策のみです。頑張りましょう!
【20代お勧め転職エージェント】
大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職

③既卒・第二新卒の方を内定まで徹底無料サポート

書類通過率87%以上。面接対策無料【ウズキャリ第二新卒】


【30~50代お勧め転職エージェント】


転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

未経験からの転職ならWORKPORT

大手総合型転職エージェント【パソナキャリア】




■ 2次面接の役割



では、転職活動における2次面接の役割はどのようなものか知っていますか?私が面接官をやっていたときは書類選考と1次面接は総務(人事)+各部の課長職です。では2次面接はというと、各部の部長クラスです。つまり、あなたが就職することができたら貴方の部門の長であるわけです。1次面接はあくまでも人間性と基本的なスキルがあるかを面接で確認していきます。2次面接は、深いスキルと会社でやっていけるかを見ていきます。例えば設計だったら機械の知識とか、営業だったら扱ったことのある商材だとかそういった即戦力となるスキルを確認していくわけです。

■ あなたの詳細(スペック)を確認される。



2次面接で取りこぼしが無いように部長クラスは履歴書、職務経歴書を事前に細かくチェックしてきます。そのうえで、職務に必要なスキルについて深く確認されます。例えば設計職ならCADのスキルがどの程度あるか、電気、機械のスキルがどの程度か技術的な質問をかなりされます。つまり、経験していないと答えられないような質問をしてきますので職務経歴書に嘘があると見破らてしまいます。当然ですが、会社に入ってついていけない、即戦力にならないと思えば採用は見送られます。

■ 面接の雰囲気が一気に変わる。



1次面接はどちらかというと和やかな雰囲気で面接が行われ、結構楽しい時間を過ごせるかもしれません。しかし、そのノリで2次面接に行くとまず落ちます。部長クラスはお堅い人たちが多いので和やかな雰囲気にならないことが多いです。特に適性があるかの確認、プレゼンテーション能力、ケーススタディなどが含まれた面接となる可能性があり、その場でいきなりお題が出され回答するときもあるのでどのようなことが起きても大丈夫なように準備しておくことが大切です。



■ 難問が出される。



これは、本当によく出てきます。しかも直接仕事に関係ない内容が多かったりします。例えば、明日知り合いの結婚式なのでお金がありませんでした。明日までにお金が必要です。あなたならどうしますか?キャッシングや親戚、友人にお金を借りるのはNGです。みたいな質問が来る場合があります。

■ 逆質問コーナー



これは1次面接のときも同じですが、しっかり企業研究してわからないことがあれば質問するということを心がけてください。1次面接で分からなかったことなどは積極的に確認できるよう1次面接での疑問点をまとめておくといいですね。

■ 1次面接で分からなかったことを質問してきます。



特に、退職理由と志望理由の一貫性に関してはしっかりと細部まで確認されます。特に気をつけてもらいたいのは、1次面接での内容と矛盾が生じないように十分注意してください。再度1次面接で答えた内容をおさらいし、2次面接に向けてまとめあげるようにしましょう。

■ 待遇面を確認されます



一次面接ではここはほぼ確認されません。2次面接では内定を出した場合の希望年収などを確認され、求人票の年収範囲のどの程度を希望し、今あなたが持っているスキルと照らしあわされます。例えば年収レンジで400~600万円で募集してあなたのレベルは420万円にも関わらず600万円を要求してきたらほぼ不採用が確定します。この際の対応は「御社の基準にある程度合わすことも可能ですが」を付け加えてから希望年収を伝えてください。そうしないと600万円もらえないと内定を出しても逃げられてしまうと感じるかもしれません。

■ 2次面接後は筆記試験もありえる



今回はざっくりとした内容ですが、今後は少し深堀しながらお話できればと考えています。
ちなみに、要注意なのが2次面接後に筆記試験がある場合があります。特にSPIであれば対策可能かもしれませんが大体専門試験や一般常識問題が多いと思います。専門試験はあなたのスキルが面接内容と一致しているかを確認されます。ちなみに私は全てメーカ勤務でしたので、100%の確率で筆記試験がありました。内訳としてはこんな感じです。

1社目:高校物理と英語(中学生レベル)の筆記試験 60分
2社目:論文 90分
3社目:高校数学レベルと論文 120分
4社目:高校数学、高校物理、専門問題(品質管理の手法を使った解決策の導き方)

見てわかりますように、SPIという試験は内定企業のみならず内定辞退なども含めて2社くらいしかありませんでした。私の経験なので異業種ではSPIが出ているのかもしれませんのでご了承ください。



■ 転職エージェントからアドバイスをもらう



正社員になるための最も近道は転職サイトに登録することです。私の20代の頃は今でいうリクナビ、パソナなど大手人材紹介会社しかありませんでしたが、今はフリーター、第二新卒をターゲットとした優良人材紹介会社が存在します。各サイトで特色が違うことも頭にいれておいてください。今回は私が調べた数社に対しての情報をお伝えしたいと思います。

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】





◆ここに注目!◆
・1人あたり平均10時間の手厚いサポート。
・企業担当による面談対策。幅広い求人の紹介。→取引企業様は約1万社。
・内定後はもちろん、入社後もサポート。
・ブラック企業を除外、優良企業のみの紹介で安心して就活。
・不採用通知の内容が分かるからすぐに改善・対策ができる。
・履歴書の添削はもちろん、一緒に職務経歴書の作成も行ってもらえる。
・関西支店でのサポートしてもらえる。

◆ターゲットユーザー◆
・正社員での就職・転職を希望する18歳~28歳の方々
・経験・学歴不問
・フリーター、中卒、高卒、大学中退、大学卒業後(既卒)、海外留学から帰国後、就職浪人、
公務員試験からの民間企業就職への切り替え、短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)、中途、
キャリアアップの転職など幅広い経歴の方を完全無料でサポート!

◆特色◆
初回面談は最大2時間!
なぜ長いことにメリットがあるかというと、求職者の過去、現在、未来をヒアリングし、一緒にキャリアプランを立てて行けるからです。また、過去の経験や学校での過ごし方、就職活動の経験や部活動から求職者の性格や考え方をヒアリングし、そこを踏まえた求人を紹介することができるからです。未経験職種への転職やはじめての就職でもキャリアアドバイザーが書類の添削からサポートしてくれます。アットホームな雰囲気で就職・転職後も連絡してもらえ、内定が決まった後も書類のお手伝いや入社前研修を行っており、入社後も定期的に担当から連絡をもらえ悩み相談が可能。

第二新卒・既卒・フリーターでも正社員に!DYM就職





◆ここに注目!◆
・フリーター、既卒・第二新卒向けの就職サービス。
・100%正社員求人、書類選考スキップで最短1週間で入社も!

◆ターゲットユーザー◆
【女性/男性】
10代・20代
【ユーザーの詳細】
既卒・第二新卒・フリーター・ニート

◆特色◆
・経歴や学歴に不安があっても正社員になれる。
・最短1週間での入社も可能なスピード感!

地方からの就職希望者必見!!
東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive





◆ここに注目!◆
・地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に提供。
・求職や住居探しのわずらわしさを負担し、東京での新生活をスムーズに始められるようお手伝いしてもらえる。

◆ターゲットユーザー◆
【女性/男性】
10代・20代・30代
【ユーザーの詳細】
・東京で新生活を始めたい方
・シェアハウスに興味のある方
・東京に飛び出したいが不安で一歩が踏み出せない方

◆特色◆
・住居探しと仕事探しをする手間が省ける。
・様々な働き方が選べる!
・通常の1人暮らしで必要な「敷金」「礼金」「仲介手数料」などが一切かからない。
・何かとお金がかかる東京の生活で、30-60万円程度の初期費用を抑えることができる。
・家具・家電もついている!揃えるのに時間とお金がかかる家具や家電もしっかり備わっているから安心
・毎月の家賃補助が出る!(条件による)
関連記事
コメント
非公開コメント